TOP 機能紹介 シミュレーション例 ダウンロード/改訂履歴 購入について 会社概要 お問い合わせ

機能紹介

軌道生成機能

以下の方法により軌道を生成します。
  • J2項までを用いた一般摂動法による軌道生成
  • SGP4による軌道生成
  • 特別摂動法による軌道生成(ΔVシミュレーションが可能です)
  • 他システムで生成した軌道暦データを読込むことができます。
また、同時に複数の衛星の軌道を生成することができます。

姿勢シミュレーション

以下の衛星姿勢を模擬することができます。
  • 地球指向姿勢(LVLH姿勢)
  • 天体指向姿勢
  • 慣性空間固定姿勢
  • ダイナミクスシミュレーション(自然外乱は考慮できません)

センサ模擬

衛星搭載センサや地上のアンテナについて以下のようなシミュレーションを行います。
  • 他の衛星や地上局、または天体追尾シミュレーション
  • 地表上のフットプリント作成
  • 天体による視野干渉解析

ΔVシミュレーション

スクリプト機能により、スラスタ推力またはΔVによる軌道制御シミュレーションを行うことができます。

イベント検索機能

  • 地球食、月食、昇交点、降交点通過などの軌道イベントを検索表示します。
  • 衛星に搭載された各種センサについて、太陽/月による干渉予報を行います。
  • 地上局における衛星の可視情報を算出します。
    可視情報の算出においては、可視仰角の指定やスカイライン通過、トリップゾーン侵入、子午線通過、および太陽干渉情報などを算出します。

表示機能

  • 慣性空間上の任意の位置から見たときの、衛星軌道、地球、天体を表示します。また、SKY2000に基づく10等級までの恒星を表示します。
  • 軌道上の衛星を3D表示します。 Google Sketchupで作成した衛星モデルを表示することができます。
  • 世界地図上に、複数の地上局と衛星に対する可視円を表示します。 また、衛星の位置を表すマークとグランドトレースを表示します。
  • センサの視野画面に、干渉天体を表示します。
  • 検索された軌道イベント、センサ干渉イベント、および局イベントをタイムラインチャートで表示します。