ダウンロード/改訂履歴


 SVAにはversion1とversion2があります。version2は深宇宙にも対応しており、SVA2と呼びます。
 

SVA2


SVA ver 2.7.9.2  差分モジュール(2024/5/7リリース版)
       SVA2の旧バージョンがインストール済みの場合、SVA2.exeを置き変えることで、2.7.9.2になります。
      ZIPファイルですので、解凍後、中に含まれているSVA2.eeeの拡張子をeeeからexeに変更し、インストールフォルダのSVA2.exeと置き換えてください。
      解凍パスワードはSVA2です。改訂内容は以下のとおりです。
                
リリース日
(version)

機能区分

改訂内容
2024/02/29
(2.7.8.2)

スクリプト編集

スクリプト編集画面を開くときに異常終了する不具合を改修した。

軌道制御コマンド

スクリプトでの制御とは別に、軌道制御コマンドによる軌道制御ができるようにした。
2023/09/20
(2.7.6)

姿勢設定不具合

姿勢オフセットが設定できない不具合を改修。本不具合は、v2.7.5で作り込まれたもの。

軌道制御スクリプト

面内制御、面外制御用のスクリプト関数を用意した。これらの関数は基準衛星を用意し、基準衛星に接近制御する方式である

スクリプト機能

print関数で、時刻変数とベクトル変数の書式付き出力を可能とした。

フォーメーションフライトウィザード

レコード盤軌道生成処理の不具合を改修した

GNSS衛星機能の抑止

RINEXをダウンロードして各種GNSS衛星を自動登録する機能について、これを抑止した。 (ダウンロード&解凍機能が機能しないための措置である)

衛星一覧からの衛星追加

参照用の衛星一覧に表示するTLEカタログを選択できるようにした。
2023/02/27
(2.7.5)

月重力場

LP165pに対応した。

地球重力場

EGM96,EGM2000,JGM3にから選択可能とした。

太陽同期準回帰軌道作成

回帰精度を改善した。

スクリプト

面内制御計画関数と面外制御計画関数を追加した。

X-Yグラフ

X-Yグラフの改善
 

SVA ver 2.7.9 ZIP版  2024年5月7日リリース

        解凍したフォルダを、任意のフォルダに置くだけで実行可能となります。
   ショートカットの作成やスタートメニューへの追加は手動で行います。

※ これまでのSVA2と、以下の点が異なりますのでご注意ください。

・Windowsのシステムフォルダは使用しませんので、インストールするフォルダはprogram files以外を推奨します。

・ライセンス認証方式がこれまでと異なります。
  旧バージョンのライセンスをお持ちの方は、ご連絡いただければ新しいライセンスファイルを発行いたします。


※ ライセンスがない場合、試用版としてお使いいただけますが、シミュレーションファイルの保存機能を使うことができません。
    また、保存機能が有効な、2カ月間試用可能なライセンスをご提供可能ですので、お問合せ下さい。


SVA2のご紹介


        SVA2操作説明書
スクリプト説明書



その他



DEMファイル(SRTM30)インス トーラ
   ※ 実行形式(.exe)です。ダウンロード後、インストールフォルダ下のbin\envフォルダにおいて、実行してください。

     製品についてのご質問は 以下までお問合せ下さい。
     sva★spheresoft.jp (★を@に読み替えて下さい)